いつだって

不安 心配 この思いはいつまでつきまとうのだろか
いつになったら安心できるのか
そんな ことばかりの日々が続いた
あの頃の不安に比べたら 今は幸せなんだろう
争いごともない 笑いあって暮せている
贅沢な心配なのかもしれない
なるように なる そうして生きてきた
亡くなった母も最後まで家族の心配をしていた
結局 私も親として いつまでも子を心配して過ごすんだろうな
いつでも 心をいやしてくれる愛猫がいて
本当に良かった
IMG_0501.JPG
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/026/290/07/N000/000/000/156312292021791996346-thumbnail2.jpg?1563122930448

この記事へのコメント